歯を取り戻す治療の種類

入れ歯

入れ歯は最も簡単な治療法で、費用も安く、ほとんどの症例に適用できるのが特徴です。

ブリッジ

ブリッジは、失った歯の部分を隣の歯に金属にて固定する方法です。隣の健康な歯を削らなければならないため、将来的に歯を失うリスクが伴いますが、審美性は入れ歯よりも高いです。

インプラント

顎の骨を削って人工歯根を埋め込み、人工歯を取り付ける手法です。自分の歯を取り戻したように噛んだ時の違和感は全くありません。審美性も高いです。

エムドゲイン

豚の歯胚組織から作られたタンパク質の薬剤を使用して、失わらた組織を再生させ、子供の頃に歯が生えてくるのと同じ環境を作り出す手法です。

TE-BONE

TE-BONEは、インプラントの土台となる顎の骨を再生させるための最新技術です。

自分の症状や予算に合った治療を選ぼう!

上記に紹介した手法は、体にかかる負担やコストが大きく異なります。予算に合わせて自分に適した方法を選びましょう。

一般歯科と審美治療の違いとは?

歯としての機能を維持するのが一般歯科

一般歯科では、虫歯の治療なども行いますが、入れ歯やインプラント治療を行うところもあります。ただし、あくまでも物を食べる時に弊害がないように歯としての機能を保つことに治療の主眼が置かれます。

美しさも兼ね備えるのが審美歯科

審美歯科では、歯としての機能を取り戻すのはもちろんですが、美しい葉を取り戻すことにも注力します。場合によっては、美しさを取り戻すために保険適用外の治療をすることもあります。

インプラント治療を受ければ自然に近い歯を取り戻せる!

そもそもインプラントってどんな治療?

インプラントとは、失った歯の部分の顎の骨を削り、人工歯根を埋め込みその上に人工歯を取り付けるものです。しっかりと顎に装着されますので自分の葉を取り戻したような感覚になります。骨を削るため麻酔を使用した手術が必要となり、歯を取り戻すまでに6ヶ月ほどかかります。

自然歯と変わりない機能・見た目が手に入る

インプラントの特徴は、入れ歯とは異なり骨に直接埋め込みますので、感触的には完全に自分の歯のようになります。また、歯並びも美しくなり人工歯も光沢と美しさがあり見た目には自然の歯のように見えます。

周りの健康な歯への負担が少ない

歯を取り戻す方法として、ブリッジという手法もありますが、この場合には健康な隣の歯を削って、歯を固定するため、健康であった隣の歯も将来的には虫歯や歯周病になるリスクが伴います。それに代わって、インプラントは他の歯へ負担をかけずに済みます。

費用には注意が必要

失った歯を取り戻す治療の中でもインプラントは保険適用外となりますので、治療費には注意が必要です。また、歯科医によってもインプラント1本あたりの相場は30万円から50万円と開きがありますので事前に確認が必要です。

自分に合った歯医者を選ぶポイントランキング!

no.1

カウンセリングをしっかりしてくれるか

治療に入る前にしっかりと自分の話を聞いてくれるかがチェックポイントになっています。

no.2

設備は整っているか

レントゲンやCTスキャンなどの設備が整っているかもチェックポイントとなります。また、それに基づいてしっかりと説明してくれるかも重要です。

no.3

主訴だけでなく歯全体を見てくれるか

自分の歯の痛いところだけではなく、歯石を取るなど歯全体を見てくれるかどうかもチェックポイントとなります。

no.4

虫歯予防をしてくれるか

虫歯予防のために、フッ素を塗ってくれるなど、予防に関しても考えてくれるかどうかもチェックポイントです。

no.5

むやみに削らないか

最近の虫歯は、軽度なものであれば削らないでも治ります。むやみに削る医者ではないかということも大切なポイントです。

[PR]
麻布十番の人気な歯医者はここ
最先端の設備で確かな治療が可能!

[PR]
大阪のクリニックで歯科治療
審美歯科で歯の欠点を治す

広告募集中